地震保険は国と民間の損害保険会社が共同で運営しているので、各社の保険料は一律です。

火災保険は地震の災害に適用される?万が一の事態に備える方法とは

建物や家財を守るための保険には、火災保険の他に地震保険もあります。火災保険だけでは地震による被害をサポートすることはできませんが、地震保険に入っていればその限りではありません。ここでは、地震保険について解説します。

投稿日:

地震の際に保険は適用されるのか?

地震災害のイメージ火災保険に加入することで、火災だけでなく多くの自然災害も補償の対象となることが分かりました。では、その中に地震被害は含まれているのでしょうか。ここでは、地震の際に適用される保険について解説します。

火災保険だけでは地震に対応できない

火災保険で地震はカバー出来ない火災保険は、火災だけではなく風災やひょう災害、水災などにも対応する保険ですが、地震には対応していません。万一勘違いをして「火災保険に入っているから地震で損害が発生した時も安心」と考えていると、あとで痛い目をみるかもしれないので注意しましょう。

また、地震による直接的な被害だけでなく、地震を起因とした津波被害にも対応していない点にも留意する必要があります。「津波被害だから水災では?」と思うかもしれませんが、大きな地震が発生した際には被害額が膨大になる可能性が高いため、通常は分けて考えられています。

同様に、地震を起因とした火災や噴火なども火災保険の補償対象外です。「火災保険なのに火災に対応していないなんて!」と思ってしまうかもしれませんが、それだけ地震被害というのは特別視されているという見方もできるでしょう。

ただ、保険によっては保険金額の5%程度が支払われる契約もあります。まったく支払いを受けられないよりはましですが、いずれにせよ損害を補填するには心もとない金額と言えるのではないでしょうか。

地震被害に対応するためには地震保険に加入しよう

地震被害を補償するためには、火災保険とは別に地震保険に加入する必要があります。地震保険は地震被害を補償するために作られた保険ですので、地震による損害を幅広くサポートしています。

たとえば、前述した地震による津波や火災などが挙げられるでしょう。火災保険のみでは地震に起因する火災や津波は補償の対象外になりますが、地震保険ならその限りではありません。

地震保険は保険会社と国が共同で運営する保険

地震保険は、民間の保険会社と国が共同で運営している保険です。一般的に、地震が起きた時の被害は広範囲に及び、損害額の補償を保険会社だけでは賄えないケースも考えられます。

保険会社だけで支払いを行えない場合、国が代わって補償してくれることになります。その性質上、必ずしも家財や建物の評価額満額が支払われるわけではありませんが、比較的公共性の高い保険商品と言えるでしょう。

地震保険に加入するには?

地震保険に加入するには、通常火災保険とセットで行います。原則的に地震保険単体で加入することはできませんが、既に契約している火災保険に途中から付加することは可能です。
現在地震保険に加入していない場合、一度検討してみてもよいかもしれません。

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.