火災保険は補償範囲を増やすことによって保険料が上がっていきます。

火災保険の料金を会社別に紹介!相場を知って過不足ない補償を

火災保険に加入すると、どのくらいの保険料を支払うことになるのでしょうか。原則的には物件の構造や床面積、補償内容などによって大きく変わるのですが、相場というものは存在するのでしょうか。その辺りを解説します。

投稿日:

保険加入にはどれくらいかかるの?

補償内容と保険料を比較するイメージ画像火災保険の概要や必要性は分かりました。では、火災保険に加入するためには、どのくらいの料金を支払う必要があるのでしょうか。ここでは、火災保険加入にかかる料金について解説します。

会社別火災保険料

保険会社の外観火災保険にかかる料金を記載します。あくまでもざっくりとした指標になるため、実際には物件の詳細を鑑みて価格が確定します。加入の際には、自己の状況と照らし合わせて金額を算出して下さい。

一戸建て

建物の所在地は東京、建物保証額は1500万円、契約年数は10年、面積は100平方メートルであることを前提に算出しています。また、補償の対象となる災害は火災と風災のみです。

火災保険会社の料金相場

・セコム損保 104,320円
・損保ジャパン日本興亜 124,730円
・日新火災 77,550円
・三井住友海上 113,870円
・共栄火災 124,890円
・AIG損保 85,860円

この中では日新火災が最安となりますが、「風災・ひょう災・雪災の場合は20万円以上の場合に補償」という免責事項が付いています。同様に、損保ジャパンは3万円、三井住友海上は1万円の自己負担額が発生します。

補償範囲はさほど変わりませんが、セコム損保のみ盗難補償がついているのが特徴です。本業が警備保障会社であることに由来するのかもしれません。

料金が安いにこしたことはありませんが、一番大切なのは補償内容です。料金が安くてもいざという時に保険金が支払われないのでは加入している意味がありませんので、自分の状況をしっかりと把握し、過不足のない保険に加入しましょう。

なお、一戸建てではなくマンションの場合もそれほど料金が変わらないため割愛します。当然ながら、補償内容や会社によって料金は大きく変わりますので、契約の際はしっかりと見積もりを確認するようにしましょう。

火災保険の相場

保証内容と保険料を比較する図では、次に火災保険料の相場について解説します。基本的に火災保険料は建物の種類や補償額、補償内容、保険会社などによって大きな差がありますが、相場を知っておくことで「適正金額かどうか?」を判断する目安になるでしょう。

一例

原則的に、火災保険は物件の構造や床面積、補償金額や補償範囲などによって金額が決まります。それらが同一であるケースはほぼありえないため、火災保険の相場というものは理論上存在しません。

しかし、条件を絞ることによって、補償範囲の違いなどによる金額差を知ることは可能です。一例を見てみましょう。

保証内容の料金相場

火災のみ 79,050円
火災・風災 168,930円
火災・風災・破損 181,590円
火災・風災・破損・水災 278,190円

ある一定の条件下で、同一の保険会社と仮定した際の結果です。補償範囲を増やすことにより金額が上がっていることが分かりやすいのではないでしょうか。

破損部分の上がり幅は小さく、それ以外はほぼ同じような金額差になっていることが見てとれます。

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.