寝煙草で引火したり、ストーブを布団に入れて出火したケースなどが失火責任法にあたります。

失火責任法って知ってる?火災時に知っておきたい知識と事例

失火責任法とは民法709条によって、過失による火災は原則として損害賠償責任を負わないことを定めた法律のことです。ただし例外があり、重大な過失がある場合は失火責任法が適用されずに、損害賠償責任を負うことが定められています。ここでは、失火責任法が適用されなかった事例を挙げています。

投稿日:

失火責任法とは?

失火責任法の法律イメージ「失火責任法」というものをご存知でしょうか?失火責任法はその名前の通り法律の一つであり、火災が発生した際の責任の所在を示したルールになります。人によっては、もしかしたら「不公平だ」と感じるルールかもしれませんが、あらかじめしっかりと学んでおき、なるべくトラブルにならないよう努めましょう。

失火責任法とは?

失火責任法は、明治時代に定められた法律で、条文は下記の通りとなります。

「民法第七百九条 ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス」

民法には私達の生活を営む上で守らなければならないルールが記載されていますが、その709条には

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」

と定められています。

すなわち、本来であれば火災が発生した場合の責任は火元を発生させた人にあることになります。そして、火災によって他人に被害を発生させた場合は、その火元責任者が賠償責任を負うことになるでしょう。

しかし、ここで問題となるのが失火責任法です。失火責任法には、「失火の場合は民法709条は適用しない」と書いてありますので、火災の場合は火元を発生させた人の責任は問われないことになります。

ただ、その後に「重過失の場合は例外である」とも書かれています。重過失というのは、通常の判断力があれば避ける行為、たとえば「寝煙草」や「ストーブを布団に入れる」などが該当します。

重過失が原因による火災の場合、通常通り民法709条が適用され、責任者は賠償の責めを負うことになるでしょう。だとしても、不公平感を感じる人もいるかもしれませんが、失火による被害は広範囲に及ぶことを鑑みると、ある程度は仕方ないのかもしれません。

重過失と認められた例

では、次に重過失が認められ、失火責任法が適用されなかった例をいくつか挙げたいと思います。失火責任法が適用されない場合、責任者はダイレクトに賠償義務を負う可能性がありますので、下記のような行為は避け、火元をしっかりと管理しましょう。

平成15年8月の判例

石油ストーブの火を消さないままカードリッジタンクを抜き取り、給油後にちゃんと蓋をしないまま石油ストーブにセットしようとした。セットするためにカードリッジタンクを逆さにしたところ石油が撒き散り、そこに着火して火災が発生した。

わずかな注意をすれば予見可能であったこれらの事情に関し、「重過失」が認められた。

昭和58年10月の判例

堆肥小舎や車庫、物置が近くにあるという不適切な場所でダンボールの償却をしていた。当日は風もなく安全に行えると予測していたが、焼却作業完了後に燃え残ったダンボールから物置に引火、その後車庫や家屋に燃え移った。

完全に火が消えたかどうかの確認を怠ったことから、「重過失」が認められた。

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.