火災保険は火災などによって被る経済的なリスクをカバーするために必要です。

必要性を見直そう~物件別!火災保険の用途を徹底リサーチ

自分で購入した物件であればいざ知らず、賃貸物件に居住する場合でも火災保険は必要なのでしょうか。ここでは、自分で物件を購入した場合と賃貸に居住する場合に分けて、火災保険の必要性を考えてみたいと思います。

投稿日:

火災保険は何故必要なのか?

もしかしたら、中には火災保険に入る必要性に疑問を抱いている人もいるかもしれません。自分で購入した家ならともかく、果たして賃貸なのに火災保険に加入する必要はあるのでしょうか。

火災保険の必要性

では、火災保険加入の必要性について見ていきましょう。以下、自分で購入した物件の場合と賃貸物件の場合に分けて解説します。

購入した物件の場合

新築物件の建築図購入した物件の場合、火災保険に入るかどうかは任意です。一般的には入るのが通例ですが、「絶対に必要ない」と言い切れるような場合は入らないという選択肢もあるでしょう。

ただ、火災というのは被害が広範囲になるという可能性もあります。たとえば、隣の家から出火した火が自宅に燃え移り、その結果損害を被るといったことも十分に考えられるでしょう。

詳しくは後述しますが、日本には「失火責任法」という法律があり、原則的に出火元の責任は問われないようになっています。「自分だけが気をつけていれば事足りる」というような考えでは、そういった万一の事態に対応できないでしょう。

まとめ

前述の通り、火災保険は火災だけに限らず非常に幅広い範囲の損害もサポートしています。そういった意味でも、自宅を購入した際に加入するのは理に適っていると言えるのではないでしょうか。

もし火災保険に加入せず自宅を失った場合、最悪ローンの支払いのみが残る可能性もあります。住んでいるならまだしも、既に失われたものに対するローンを支払い続けることほど辛いものはないでしょう。



賃貸物件の場合

賃貸に住む人々のイメージ画像では、次に賃貸物件の場合について考えてみたいと思います。賃貸の場合、通常は契約条件に「火災保険への加入」が含まれているのが一般的なため、賃貸契約締結と同時に火災保険に加入することになります。

賃貸物件における火災保険契約は、「家財」のみを対象としているものが一般的です。建物部分は大家さんが別途契約しているため、入居者は家財部分にのみ保険をかけていればいいというわけですね。

また、賃貸物件の火災保険には「借家人賠償責任補償」がついていることも特徴です。賃貸物件に居住している以上、いつかは出ていくことになるでしょう。賃貸物件の退去時には原状回復義務が設けられているため、内部に何かしらの損害が発生しているのであれば入居者の責任で回復させなければなりません。

まとめ

火災や自然災害によって内部が損耗された場合には、保険を使って原状回復させるということになります。入居者側も火災保険に加入することでいざという時に備えられるのはもちろん、大家さん側も安心して物件を貸し出せるというわけです。

どの保険に入るかはあらかじめ定められていることが多いですが、更新時に入居者の判断で変えられるケースもあります。

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.