火災保険の補償内容は商品によって異なるので加入している保険の契約内容を知っておきましょう。

どんな時に保険金がおりるの?火災保険の補償内容と支払い事例

火災保険に加入しておくと、火災被害だけでなく非常に幅広い範囲で保険金の支払いを受けることができます。「どういう時に支払われるのか」という点をしっかりと理解し、いざという時のために備えましょう。

投稿日:

保証内容と支払い事例を紹介

支払い事例を紹介するイメージ画像火災保険に加入すると、どのような時に保険金の支払いが受けられるのでしょうか。その辺りについて詳しく解説します。

火災保険が支払われるのはこんな時

火災保険というと、「火災が発生した時」にのみ支払われるというイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、実際には下記のような時に幅広く保険金の支払いを受けることができます。

火災

火災保険という名前の通り、火災により建物や家財が損耗した時には保険金が支払われます。一番分かりやすい例と言えるかもしれません。

落雷

火災保険は、火災だけでなく自然災害をまんべんなくサポートしてくれる保険です。そのため、落雷によって建物や家財が損耗した時にも保険金が支払われるのが一般的です。

破裂・爆発

ガス漏れなどによる破裂・爆発による損耗も補償の対象となります。

風災

風災やひょう災による被害も保険金支払の対象内です。たとえば、台風によって屋根が飛ばれたケースなどが該当するでしょう。

水災

水災による被害にも保険金が支払われます。大雨による洪水や高潮、土砂崩れなどが挙げられるでしょう。

物体の落下や衝突による被害

何らかの物体が落下したり、衝突したりした時の事故も補償の対象となります。一例としては、車が飛び込んできた・野球ボールが飛んできた場合などが該当します。

水漏れ

水漏れによる被害も対象となります。給排水設備の不備による水漏れ被害などが一例として挙げられます。

騒じょう・破壊

騒じょう行為や破壊行為によって受けた被害も保険金の支払い対象となります。暴走した集団によって家や家財が破壊された場合などが該当するでしょう。

盗難

意外に思われるかもしれませんが、盗難被害も火災保険で補償することができます。盗まれた家財の被害だけでなく、盗難による建物の被害も対象内です。

破損や汚損

破損や汚損も補償の対象内です。たとえば、家財を運んでいる最中に建物を損傷してしまった場合などが該当します。

このように、火災保険に加入することで、非常に幅広い範囲の補償が受けられます。ただ、保険商品の内容によって補償範囲は異なりますので、適切な補償を受けるためにも、自身が加入している保険の詳細を知っておくことが大切です。

実際の支払い事例

実際の支払事例を紹介では、次に実際の支払い事例をご紹介します。

天ぷらをあげていて鍋に引火したケース

天ぷらをあげていた時に来客に対応したため、引火してしまったケースです。早期に対処したため被害は少なく、約27万円の支払いが行われました。

排水管のつまりによる水漏れが発生したケース

大雨が降っていた時に排水管がつまり、建物内部が損傷したケースです。こちらは、約170万円の支払いが行われました。

↓関連記事はこちら↓

火災保険の料金

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.